dTVでダウンロードした動画を再生するのにも通信量が必要!

 

動画配信サービス(VOD)の中の一つでもあるdTVには、ダウンロード機能がついているので、事前にダウンロードしておれば旅行先など、Wi-Fi環境がないところでも楽しむことができます。

 

ただ、dTVは、オフラインといっても毎回視聴するときに通信量が必要になるんです。

 

せっかく、通信量がかからないようにするためにダウンロードしているのに、通信量が必要なのは嫌ですよね。

 

再生するのに必要な通信量は、微量と言われていますが、どれくらいなのか気になるところじゃないかと。

 

なので実際に調べてみました。

 

ダウンロードした動画を再生するのに必要な通信量は?

 

テレビアニメのワンパンマン全12話(1期)をダウンロードして動画を再生するのに必要な通信量を調べてみました。

 

で、結果から先にいうと、ダウンロードした全12話を視聴するのにかかった通信量は、約10MB(0.01GB)とそこまで必要ない感じ。

 

 

倍速機能を使いながら視聴したので、若干違うがあるのかもしれませんが、使用した通信量は少なかったです。

 

といっても、10MBがどれくらいの通信量なのかピンとこないところでもあると思うので、ダウンロードするのに必要な通信量と比べてみますね。

 

dTVの動画をダウンロードするのに必要な通信量は?

 

dTVをダウンロードする場合は、画質によって3段階に分かれています。

 

ダウンロードするのに必要な通信量
HD 1時間あたりのデータ容量:1.4GB
すごくきれい 1時間あたりのデータ容量:700MB
きれい 1時間あたりのデータ容量:250MB

 

画質によって通信量はかなり変わってきますが、最低画質の動画を1時間分をダウンロードするのに250MB必要とのこと。

 

ダウンロードした動画を再生するのに必要な通信量(10MB)と比べると相当通信量が必要になりますね。

 

Wi-Fi環境でダウンロードしないと1Gなんて一瞬・・・。

 

ちなみに先ほど、テレビアニメを1話ダウンロードするのに必要な通信量は、

 

  • HD:321.2MB
  • すごくきれい:221.9MB
  • きれい:132.5MB

 

最低画質でも132.5MB必要になってきます。

 

例えば、先ほどの10MB(テレビアニメ全12話の通信量)で、どれくらいの時間をダウンロードできるかというと、最低画質で約2分、HDの場合だと約40秒ほど視聴できるといった感じ。

 

確かにダウンロードするのと比べれば、通信量は少ないですが、通信量の制限が厳しい場合は、微量であれ、通信量を使っている時点で気になってしまうんじゃないでしょうか。

 

その場合は、通信しなくてもダウンロードした動画を視聴できるVODがおすすめです。

 

それに通信量が不要だと、圏外や機内モードでも視聴することもできるので利用範囲が広くなりますよ。

 

通信しなくても視聴できるVODとは!オフラインで楽しもう

 

通信量を全く気にせずに利用するなら、プライムビデオU-NEXTがおすすめです。

 

dTVは、ダウンロードできる動画が多いものの、機内モードや圏外で利用できませんが、プライムビデオやU-NEXTといったVODは、圏外であろうと関係なく、ダウンロードした動画ならどこでも利用することができますからね。

 

Wi-Fi環境がないと利用できないタブレットでも、ダウンロードさえすれば外出先で楽しむことができるのでおすすめです。

 

 

VODおすすめ比較ランキング10選

TOPへ