Huluで見れる洋画は意外と少ない!?どんな洋画を見れるか調べてみた

Huluで見れる洋画は意外と少ない!?どんな洋画を見れるか調べてみた

 

Huluの得意なジャンルといえば、海外ドラマや国内ドラマ。

 

動画配信サービス(VOD)の中でもトップクラスの作品数や配信の早さでもあります。

 

Huluは、いろんなジャンルの動画を楽しめるイメージがあるのですが、洋画も見れる作品が多いのか気になるところですよね。

 

結論から先にいうと、Huluで見れる洋画は、他社のサービスと比べても作品数は少なめなんです。

 

では、具体的にどんな洋画をHuluで見れるのか、気になる作品数や作品内容についてまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

 

 

Huluで見れる洋画の作品数は少ない

 

Huluで見れる作品数は、2019年6月時点で497作品でした。

 

配信されている動画には、配信期間があるので、作品数は日々変わりますが、洋楽はだいたい500作品ほど常時、配信している感じです。

 

この500作品は他のVODと比べると多くなく、例えば、ネットフリックスの場合だと、約2000作品。U-NEXTの場合なんて、約3500作品以上も見放題・・・Huluと比べるとかなり違います。

 

Huluはどんな洋画を見放題できる?

 

Huluで見れる洋画は少なめですが、それでも人気映画を楽しむことができると思います。

 

例えば、Huluの洋画を人気順に並べ替えると、
Huluで見放題できる洋画の人気順

  • チャッピー
  • メン・イン・ブラック
  • GODZILLA ゴジラ
  • ゼロ・グラビティ
  • 7ミニッツ
  • ホーム・アローン
  • 世界にひとつのプレイブック

 

など、2019年6月時点での人気洋画はこんな感じでした。

 

Huluに限らず、どこのVODでもそうですが、近々上映する映画の関連映画を配信する傾向があります。

 

今回だと、『メン・イン・ブラック インターナショナル』が6月14日上映するので、過去のメン・イン・ブラックの動画を再配信していますね。

 

ちなみに、メン・イン・ブラック3はU-NEXTだと有料扱いなのにHuluでは見れるといったこともあります。

 

その他にも、ゼロ・グラビティやホーム・アローンなど有名作品も配信しており、他のVODでは有料扱いの動画もHuluだったら見放題!!なんてこともあるんですよ。

 

とはいってもいHuluは、有料レンタルがないので最新映画の配信は遅めです。

 

Huluは、最新作の洋画を見ることができない

 

一般的な動画配信サービス(VOD)の新作洋画は、基本的に有料扱いの場合がほとんどで、視聴するには、定額+レンタル料が必要になります。

 

Huluは、そういった有料レンタル作品がなく、定額のみですべての作品を視聴できるVODなので、追加料金で視聴できるVODより、作品の配信が遅めなんです。

 

配信の早さがどれくらいかというと、追加料金で視聴できるVODは、一般的なレンタル会社でレンタルを開始するより早い場合が多いのですが、Huluの場合は、新しい作品といっても、レンタル開始してから、約1〜2年ほど経った作品を配信している感じなんです。

 

例えば、2019年6月時点の最新洋画を見てみると、

 

Huluの最新洋画

  • シャーク・ショック
  • チェイサー
  • ワイルド・ドライバー
  • 海底47m
  • ラスト・フェイス
  • サンズ・オブ・ザ・デッド
  • ヴェンジェンス

 

など、2017年公開の洋画が一番新しい作品として配信されています。

 

このことからも、新作を見るなら、有料レンタルがあるVODのほうがおすすめといった感じですね。

 

Huluは、洋画より海外ドラマ・国内ドラマが豊富

 

Huluで洋画を楽しむのもいいですが、やっぱりHuluといえば、海外ドラマや国内ドラマだと思いますね。

 

海外ドラマは、国内初上陸の最新ドラマを見れるだけでなく、FOXチャンネルといってリアルタイムで最新のドラマを楽しむことができるんですよ。

 

それに国内ドラマも見れる作品が多く、オリジナル作品なんてのもあるので洋画以外に楽しめる要素がたっぷりあります。

 

洋画だけを目的に視聴するならHuluは微妙なので、U-NEXTプライムビデオがおすすめですが、他のジャンルも楽しみたい場合はHuluという選択肢もアリなんじゃないかと思いますよ。

 

 

VODおすすめ比較ランキング10選

 

TOPへ